イギリスゆるデイズ

果たしてイギリスでゆるく過ごせる日が来るのだろうか

Resolutions of this year


こんにちは、青い犬です。
ブログを始めて少しも経っておりませんが、
2018年もよろしくお願いします。


日本に帰国してから年明けまであっという間でした〜


年末年始を日本でのんびり過ごしています。


新年といえば、
何か目標をたてたくなるのが
わたしのお決まりです。

てことで、わたしの今年のResolution
(割と多いよ〜)


1. 英語を使う仕事に就く、お金を貯める
これはいちばん大事!!笑
OL時代に貯めたお金はほぼ全て費やしました。
自立して生活できるように

・Tokyo Free Guide に登録する
東京オリンピックのボランティアに応募する
・何かを一年続ける
語学、ろくろ、編み物、着付け、習字、絵、日記、ロッククライミング、ランニング、筋トレ、、、
・通訳案内士の勉強
・フランス語勉強再開
・イギリスサイズを日本サイズに戻す(体重ね)
日本帰って一年ぶりくらいに体重測ったら、
なんと+3.5kgの過去最高体重でして。
危機感を覚えました。


4月には帰国、5月中旬にはなんと兄の結婚式!!

5年ぶりに振袖を着て、参列する予定なので、
なんとしてもシュッとしたお顔になっていたい!!
てことで、イギリス戻ったらダイエット開始。

ハンバーガーは余程のことがない限り封印。
フレンチフライの誘惑があちこちにあるけど負けない。
甘いものが食べたくなったら栗か干し芋。笑
(レコーディングも極力します。)



毎日、筋トレとランニング、します!!
(できるかな〜笑)
でもほんとに本気です。

パリで起きた怖いこと

こんにちは、青い犬です。
もう語学学校はChristmas holidayが始まりました。
12月16日から母とフランス旅行!!

Christmasは現地の友達とChristmas Party!!



と、今頃盛り上がっているはずでしたが…
実は今日本におります。



実はパリで想像もしなかったアクシデント
に巻き込まれてしまいました。
皆さんと、こんなことも起こること可能性ある
ことをシェアしたく記録しようと思います。


母は初めてのヨーロッパ旅行でした。
1人で飛行機乗るのも初めて。
でも探り探りながらも1人でパリ
に到着することができました。


私はイギリスから来ていたので、
日本便が到着するロビーとは異なるため
無料で利用できるシャトルに乗り、
母の到着ロビーまで迎えに行きました。
(予め迎えに行くと約束していたので)

だいたい、30分くらいで着きましたが
母は使えるようにして来たはずの携帯が使えず、
私と連絡が取れないため非常にあたふたしてました。
(たしかにいくらラインしても応答なかった…)
初めての海外なのでそうなるのも仕方ない。
無事に合流し、ホテルに行くために
空港付けされていたタクシーに乗り込みました。



その日は夕方に空港に着き、
あたりは暗くなり始めていました。
それに加えて道がかなり混んでいました。
久しぶりの心を許せる人の再会に喜び、
他愛もない話をしながら向かっていたので
特には気になりませんでしたが。



空港を出てから20分ごろが経った頃、
突然、
"ガシャーーーンッッ"
というものすごい音がして、母の方を向くと
窓ガラスが粉々に割れている上に、
何者かがタクシーの窓の外に立っていて、
母に何かをしているようでした。




その時は何が起きたのか全く状況理解ができませんでした。
母に怪我がないかそれを確認するので精一杯。

30秒くらいしてから母が
「リュク取られたっっ!」
と叫んでいました。


タクシードライバーも激怒して車から飛び降りましたが
時すでに遅し、犯人はものすごい速さで逃走。
(スクーターとかではなくまさに足で走って逃げて行きました。)



そのあとは通りがかりの運転手さんが通報して来た
警察に事情聴取されたり、警察に行ってまた同じこと事情聴取(報連相が全くなってない)されたり。

結局ホテルには夜の21時ごろ到着。



母はひどく傷つき、恐れおののいていました。。

携帯、帰りのチケット、カメラのレンズ、現金、
カード、その他母の大切にしていたもの全て
持って行かれました。


ヨーロッパではそういったスリや盗みを働く人が
多いことは母も私も重々承知していましたが、
まさか移動中のタクシーの中でこんな形で
被害に合うなんて予想もしていませんでした。
残念ながらこのような犯行は最近多くなっているようです。


でも、こんなに荒手な犯行は常習犯しか
やらないとのこと。


そんなこんなで私たちは身の危険を感じた上に
楽しむ気にもなれませんでした。
母がお願いしていた旅行代理店に協力してもらい
出来るだけ日本に早く帰れるように手続きをし、
3日後には日本に戻ってきました。
(はい、どこにも出かけられませんでした。)

私はイギリスに一度戻る予定でしたが、
母の精神状態が普通じゃなかったので
安心してもらうためにも一緒に戻ることにしました。


母娘水入らずの初めてのヨーロッパ旅行は
初日にその犯人にぶち壊されました。

本当に悔しいです。


毎日毎日、家の事情で同じ毎日を繰り返し、休みもなく
働いている母。やっとの事で、訪れた長い休暇だったんです。
それに私は留学を通して、
今までであったこともない人、見たこともないもの、
全く知らなかったことにたくさん出会い、
他国の文化を少し知る努力をするだけで、
ものすごく視野が広がるということを知りました。

母にもそれを少しでも感じてもらえる旅にしたかった。


それがトラウマを作ってしまっただけの
旅になってしまった。
母には申し訳ない気持ちでいっぱいです。


母が最後にポツリと、
「私はストレスから逃れられない運命なんだ」
といっていたのが忘れられません。


被害総額もバカになりません。
なんのために行ったのか、なんの意味があったのか、
いくら考えても何も見出すことが出来ずに帰国しました。


大使館で聞いた話ですが、
残念ながらその週はものすごくひったくりの
被害に遭われた方が多くパスポート再発行に
来ている人がとても多かったです。


どこの国を旅行するにしても車に乗る時は、
必ず荷物は足元に置いてください。
膝の上、シートの上においておくのでは
何が起こるかわかりません。

現金は分けて持ち歩くこと。
パスポートやチケットは文字通り体に
身に付けるのが一番安心かなと思いました。
例えば首から下げて洋服にしまうとか。



私は以前、パリに来たことがあります。
綺麗なものがたくさんあることを
知っていますし、フランス人の友達もいます。
みんな親切ですし、
これがフランスの全てではないこと分かっているけど、
これもフランスの一面なんだって
ことを思い知らされました。


でも本当にあそこで犯人が銃やナイフで脅したり
してこなくて本当に良かった。
母も私も精神的な傷はおったものの、
身体的な怪我は一切ありませんでした。
命があってよかった、と思う日々です。



いつか母と水入らずの旅行をリベンジしたいものです。
暖かい国に行きたいと言っていたので、
今度連れて言ってあげられるといいなぁ。


そんな感じで私は今実家でぬくぬくと過ごしています。
愛犬4匹と大好きな家族とぬくぬくできる幸せを
噛み締めています。


やはり日本は平和です。

考えさせられる面もいくつもあるけれど、
やはり一番住みやすい国であることには間違いない
と思ったのでした。




おしまい

美味しいイギリス part.1


こんにちは、青い犬です。



"イギリスには美味しいものがない"

という意見はよく聞きます。
しかし、実際に生活して見て
そうでもない、というのが私の意見です。
たしかに、いただけないものもあります。
しかしそれは他の国を訪れた時も
同じくらいの頻度で起こっているような気がします。


イギリスには伝統料理もいくつかあります。
個人的にはEnglish breakfastが好み。
ホームステイしていた家庭のホストマザーは
ホテルを経営していたため、私は毎朝そのホテルの
English Breakfastを食べていました。
毎日朝ごはんが楽しみで仕方なかったなぁ。

他のものでいうと、一度まともなFish & chipsと
Sundayroastを試して見たいです。


そして、
それ以上に多国籍料理がごちゃまんとあります。
Thai, Chinese,Indian,Turkish and Japanese..
まあよく見かけるのはこのあたり。
Cambridgeのcity centerのMarketは
見逃せないグルメスポットだと思います。

open airのstallもたくさんあります。
ホットドッグ、フライドチキン、クレープ。

※Canbridge crêpe : Mon & Wedが
お休みだった気がしますがたしかな情報は
ご自身でお調べください。

健康にいいか悪いかは置いておいて、
どれも本当に美味しい!
スタッフも多国籍!みんなフレンドリーで
そこいらの店の店員より温かい気がします。



そして、今回重点的に紹介したいのが
イギリスで有名なHamburger shops!! 🇬🇧
日本でも今、輸入が頻発してて熱い食べ物ですよね?
今回は3つを私の好み順でご紹介。



No.3 Honest burgers ★★★☆☆
https://www.honestburgers.co.uk/


チェーン店で、イギリス中どこでも
見つけることができます。
Beef,chicken,fritterからメインを選べて
価格は£8.75-10。
嬉しいのが、この価格にchipsも含まれていること!!
イギリスのhamburger shopsではrosemary salt
のchipsがメニューにあるお店があるんだけど、
これが本当に美味しくて病みつき!!!
日本では全く食べない物だけど、こっち来て
2週間に一度は食べています、中毒ですね。




No.2 GOURMET BURGER KITCHEN ★★★★☆
https://www.gbk.co.uk/


続きましてこちら!!
こちらもチェーン店で皆からは
GBKの愛称で親しまれています。

ここはお肉が肉肉しくて、
あまり無駄な味付けがされていない
私の中ではヘルシーに分類されるhamburger笑
私はClasic cheese burgerを2度と、
The Donを1度試しました。

こちらはサイドメニューを別料金ですが
Skinny fries と Sweet potato friesが個人的に好みです。
いつか、Truffle cheese friesというSkinny fries に
truffleソースがかかった、見るからに脂肪のみが材料
てきなchipsも試したいと思っています。

あ、🇲🇽の友達がいつも巨大なシェイクを
飲んでいましたが、試させてもらったら
それもなかなかおいしい!!
店員さんも一押しのシェイク、是非お試しを。



No.1 Butch Annie's ★★★★★
http://www.butchannies.com/

お待たせいたしました。
Butch Annie's 本当に冗談抜きで食べた誰もが
おいしいと絶賛します!!いや、本当おいしいです。
こちらはなんとまだチェーン展開されておらず
Cambridgeのみで食べられます。
(だれか日本にもってきてくだされ🗼)
バンズにはこれでもかってくらいバターが
塗られていて、キャラメリゼされたオニオンが
hamburgerごとに色々に味付けされていて
素晴らしくおいしい。
そしてこちらのChipsも私が大好きなrosemary salt
私てきに、揚げ方、味付け共にここがベストです。


あぁ、お腹が減ってまいりました…

あと、wrapping paperのデザインも
私のお気に入りです。




食べ◯グになってしまいました。笑


いいですか、これは念のためのリマインドですが、
毎日こんなものを食べていたら確実に
太ります。
毎日食べていなくてもイギリスにきて太りました。
(体重は怖くて測っていないが、感覚的に5kg増)
こーゆうものが食べたい日は少し多めにexerciseするとか
バランスを大切にして生活しましょう!


ストレス発散法が限られている留学生活。
私は食べることか旅行楽しみに生活しています。
ご褒美、という感覚でjunk foodも時には
オプションに入れて見てはいかがですか?


何か他にイギリスの食べ物に関して聞きたいことが
ありましたら是非とも、コメントを残してください。



では。

December


こんにちは、青い犬です。

12月です。
実は他のブログに浮気をしていまして、
こちらの方は今まで存在を忘れていました…


日記、ブログなるものはいいですね、
当時はこんなことを考えていたのかと
毎度毎度、自分の今いる位置や、
忙しさにかまけて忘れていたこと、
再認識させられます。


イギリスでの生活もなんと7ヶ月が
過ぎようとしています。

ここ10週間は、ある試験合格に向け
悪戦苦闘しておりました…
(自分の出来なさになんど学校で泣いたことか..)
その度に友達、先生たちは私を元気付けてくれました。

こんなことが起きるなんて
数ヶ月前は考えても見なかった。。
日本人以外の友人を持って、
同じ目標に向かって切磋琢磨し、
時には励まし合う。

試験は無事に終え、結果が出るのは年明け…
結果はどうなっているか全くわからない。
でもどっちに転んだとしても、
その後のそれなりの歩む道を考えてあります。

最近は残りの滞在時間をカウントするのが
おしくもあります。
人間、変わるものですね。
確実にここでの生活が日本に戻ったら
恋しくなると思います。


ここで学んだことを腐らせないためにも、
日本に帰ってすぐ行動できるよう
情報収集するのが今後の課題。


1つにしか集中できないたちだから、
ちゃんと寛大な視野を持って残りの時間
大切に過ごそうと思っています。

* 出発まであと10日!!

ついに、あと10日です。

まだやり残してることが沢山あります。

(あるような気がしているだけ?)

準備していて思ったことをゆるく、記します〜。

◉お金のこと

留学したい!

と思ったときににまず考えることは

なによりも、金銭面ですね。

(私は 11Month Short Term-Study Visa で行くので、

滞在中のアルバイトは一切できません。)

これの見積もりが甘いと後々自分が苦しみます。笑

>>留学資金+渡航前の準備費用

意外と後者は忘れがちな人、多いと思います。

(私もしかり。)

トータルでどれくらいになるか想定して

日頃から貯蓄する必要があると思います。

◉実際に何を持って行くのか

持ち物の準備にも大変な時間がかかります。

情報はすでにイギリスで生活している先輩方々

のブログやtwitterから簡単に集められますが

どれが自分に合っているのか精査が必要です。

見た感じ向こうでも買えそうですが、

スキンケア、ヘアケア、バス回り関連、化粧品、

に関しては日本で用意して行く方が多い気がします。

私は

肌や髪の調子が悪いと

気持ちまでどんよりしてきてしまう

+

無駄な出費をしない節約

の意味でも使い慣れたものを持って行くことにしました。

(※スーツケースに収まるといいのだが…)

でもせっかく向こうに行くんだから、

向こうに売ってる中から自分に合ったものを選ぶのも

楽しくていいと思います^ ^

自分は何が心地いいかで決めましょう!

持ち物リストはまた次回あげますね。

◉スーツケースについて知ったこと

重量制限がある事は知っていましたが、

規定サイズまで定められていることは初めて知りました。

例えば、ANAさんであれば三片の合計が158cm以下、

重量23kg、個数2個までと定められています。

(※各航空会社、クラスによって異なります。)

http://www.ana.co.jp/international/prepare/baggage/index.html?menu=free

私は157cm、99L、4.6kgのものを購入しました。

約¥35000くらいだったと思います。

フレームがいいとかファスナーがいいとか

いろんな意見がありますが、

自分の体重で閉じやすいフレームを選びました。

今日自宅に届いたのですが案外小さくて荷物が

全て入るのか不安です。笑

結果についてはまた後日書きます。

◉書類関係

英文の資金証明書

現地入国時に不法滞在を防ぐため資金証明書の提示を

求められることがあるみたいです。

英文の資金証明書は現地通貨、

無理な場合はアメリカドルでの発行でいいみたいです。

この残高証明は、出発の1ヶ月前を切ってから

取っておいちゃうのがオススメです。

みずほ銀行ではその日のうちに発行してもらえました。

因みに、イギリスは

1ヶ月10万×滞在期間

の金額が目安のようです。(※年によって異なる。)

常備薬の処方箋(英文)

スーツケースを抜き打ちで検査された時のため。

これがあるとすんなり通れるみたいです。

パスポートのコピー

パスポートは盗まれたりすることがないように

コピーしたものを持ち歩くのがいいみたいです。

私的に書類関係を用意するのが億劫。。笑

今もブログ書いてて、やり直さないとならないことが

発覚したり、う〜〜お金もかかるし頭がいたい。笑

でも、ブログ書いて見直ししてみて気がついたのでオーケーです。笑

ブログ書くの、結構時間かかるな!笑

向こう行ったら習慣にしたいと思ってたけど、

最初のうち時間とれるかな〜〜

まあ無理ない程度に書いていきますね〜〜!

この一年で、ポジティブマインドも

取得できるように頑張るぞ!

では、また

thank you for reading.

aoi_inu

【新卒就職活動からの学び_2】

『新卒就職活動からの学び』完結編

 

続きを読む

【新卒就職活動からの学び_1】

下書きで保存になっていた記事を今更再編集した。笑

 

続きを読む