イギリスゆるデイズ

果たしてイギリスでゆるく過ごせる日が来るのだろうか

たまにくるこの衝動

こんにちは、青い犬です。


f:id:fuka11lf1086:20180220000858j:plain

私の学校卒業まで45日、というところまできました。
最近考えることは今できることと、帰ってからのこと。

たまに、どこかに残したい衝動が私を襲うので、
今日、執筆したいとおもいます。


主に3つ。

・最近継続してやっていること
・なかなか手がつけられないこと
・帰国までにできること



最近継続してやっていること

・朝ごはんを作る

帰国に向け、食生活の見直しとコントロールを始めました。
朝ごはんをしっかり食べて、夜ご飯は極力少なくするような
食生活にコントロールするため。
そして、インスタに朝ごはん投稿して記録。(insta : @fuumeshi_1)
誰かに見られると思うと、盛り付け方とかにも気を使うし、
彩りを考えたり、頭を使うので私は好きです。
私は白いプレートしか持っていないから、
いかにワンプレートに美しく盛り付けるかに
気をはって朝から頭フル回転してます。
(世の中のお母さんやってる人、本当に尊敬・・。)



・自転車に乗る代わりに歩く、ジムに行く、筋トレ

これも、帰国に向けてと健康のため。
土日はなるべくジムでのランニング取り入れたり、
めんどうなこともあるからそんな時は部屋トレをしたり
細々と、毎日何かしらの運動を取り入れています。



・座りながら足を組まない

これも、骨盤が歪むという記事を目にしたから。
私は小さい頃から側湾症と付き合ってきている。
ダイエットの成功・不成功には骨盤の歪みが
少なからず関わってくるってゆうのを聞いて、
やはり歪みから直したいな、という気持ちから。



・上級の英語を使うように心がける

イギリスにきて早9ヶ月!
私のクラスはなんとAdvancedのクラスです。
上級英語がばんばん使われるクラス内。
議論するトピックの内容もなかなか難しいものも増えてきて、
私はもう少しレベルの高い単語を使いたい!という気持ちが
高まり、なるべく使うように心がけているのでした。



・英語を話す機会を沢山持つ

机に向かう時間よりも、人にあって
英語を話す時間を多く持つようにしている。
クリスマス休暇で日本に帰ったんだけど
それ以降私のspeaking力はガタ落ち。
(友達から言わせるとよく話しているらしいけど)
とにかく自信がなくて英語が1週間くらい話せなかった。
なので、学校帰りに友達と出かけるようにしたり、
Languageパートナーになるべく会うようにしたり、
独り言言ったり。
こちらも、地味な努力を続けております。


なかなか手がつけられないこと

・通訳案内士、CAEの勉強

試験勉強というものがなかなか始められない。
FCEの試験が終了してから早2ヶ月。
試験勉強に全く身が入っておりません・・
長いこと燃え尽き症候群でございます。
FCEの準備期間が本当にストレスフルで
また経験することをビビっているのでしょう。
あかん、どうすりゃいいんだ。



・前回UPしたyoutubeの見直し

improveできる点をリストUPしなければ
ならないけどまだできていない。
今日中にできることだわこれこそ(2/19)



youtubeの動画制作

14日に初videoをアップしてからというものの
まだ次回のvideoすら撮影できていない。。
クオリティはUPして見ないとわからないけど
携帯でEditingできることが分かったので、
やらねばならぬができていない。。
このvideoの制作目的とか私の自己紹介とか
なにも肝心なことrecできなかったからな、前のvideoで・・
よし、これは明日必ずやろう。(2/20)



・履歴書の写真撮影

これも・・。週末に化粧するのが面倒でできていない。
3月1日には履歴書送付したいからこれも明日必ずやらねば。(2/20)
そのあと、エントリーシート記入というtaskが待っている。



・日本に送る荷物まとめ

パッキンを買いに行けていないから。
どこで買えばいいのだろうかわからん。
これは今日中に調べよう。(2/19)



帰国までにできること


・職探し

ネットでいくらでも職探しできるとおもうから探そう。
探しているし、やりたいことも割とはっきりしているんだけど
なかなか見つからない。ふむぅぅ
引き続きやろう。(2/19〜)



・イギリスの行きたいところ巡る

行きたいところまだまだ沢山ある
ストーンヘンジ、バース、ヨーク、エディンバラ
どうしよう、予定立てないと。笑(今週)


ざっとこんなところかしら。

やることは沢山あるのに、なかなかエンジンがかからない私。



もっと書きたいネタあるからすぐ更新すると思います。



では、また〜。

夜な夜な日記。


こんばんは、青い犬です。

夜ブログ書くのは初めてです。

なんだか突然スイッチが入りまして、
帰国後、(将来含め)どんな生活を送ろうか、
ということに思いを巡らせています。



イギリスに来て本当に
私はどれだけ日本を愛してやまないか、
この世に生を受けてまさに"初めて"
思いしりました。


イギリスではやはり友人と自国の話をよくします。
みんな、自分の国のことを本当によく知ってて、
一生懸命教えてくれます。

一方で私は、

日本の文化ってなんだろうって
誇れるべきところってなんだろう…
考えた時に正直なにを話したらいいのか
分からないことがほとんどでした。
(そんな時はずっと聞き手に回っていました涙)


ご飯が美味しい、
クールジャパン、
清潔、安全。


勿論全て事実だけど、
これだけ見るとどれも表面上だけの
なんの厚みもない感じがしてしまい、
説明するにもしきれず…

というか、

私、日本人なのに
肝心な日本のことを知らないのでは…

と気がつきました。


ものすごく恥ずかしいことですよね。



日本に本当に興味を持ってくれてる人って、
実は現代チックなことよりか、
神道だったり、日本人の精神の在り方だったり
に関心を寄せてくれているんです。

驚きでした。


でも確かに、
戦中は戦闘機を自国内で作る技術を生み出したり
戦後はボロボロになってアメリカから多くの分野で
弾圧を受けたりする中で、すぐに国を立て直し、
高度経済成長、発展途上国の仲間入りを果たしたり、
日本人の精神ってどこか謎めいてるっていうか…
たまに異常で怖いというか笑
(この精神が少なからず現代社会の就労システムにも
影響していると言わずにはいられない。笑)


他にもね、
日本のいいなと思うところ
発見しました。


伝統工芸品からハイテクな電化製品まで、
形あるもので美しくて洗練されたものはもちろん、
また、

四季があり、自然と結びつきが強い文化があること
丁寧や手間といった感覚を持っていること

これらだって日本らしくて、
とても美しいところだと思う。


日本語も勿論その1つ。

日本語にしか表現できないような、
繊細でおぼろげで、
なおかつ気品もある、
そんな表現がいくつもある。


日本を語り尽くすのは日本語でも到底難しい!笑
でも、世界中の人に、
もっとコアな日本を知ってもらいたい。

日本のことを的確に他国語で紹介できる人は、
残念ながら少ないです。

だからこそ、私が日本のことをよく知って、
紹介できる人の1人になりたいと思い始めました。

何年かかっても必ず通訳案内士の資格は、
オリンピックまでには…間に合わせたい‼︎(あと2年^ω^)
将来的に仕事に出来るくらいの実力をつけることが目標。
(これは20代のうちにやっておきたい!!)


火曜日で25歳の誕生日を迎えます。
日本人である自覚を持ち、
胸を張るとこは胸を張って、
残りの海外日本人生活、送ろうと思います。


こんな経験できるのも一度きり。
毎日を大切にしよう。


LOVE JAPAN


帰国後の夢を描く前に、
帰国前にCAE仕上げるぞ!!!( ^ω^ )
目の前のことをしっかりと。
私ならできるっっ!!



では、また。

イギリスでダイエット その2

こんにちは、青い犬です。

まったくもってはてなブログを使いこなせていない
青い犬です。


前回の記事、改行がはちゃめちゃ。
どーなってるんや…


本当にパソコン系にはめっぽう弱い…
どうにか克服したいものだなぁ。






さて、イギリスでのダイエット。
ただ今生理2日目のため、有酸素運動は控えてます、が

・筋トレ
・食事

は相変わらず続けています。


前述したように、朝ごはんたっぷり
バランスダイエット、ですね。
おかずたっぷりの朝ごはんを心がけています。



私は、日本人は視覚からも食事を楽しんでいると思うのです。

まだホームステイをしていた頃、
ホストマザーがディナーをサーブしてくれてたんだけど、
1つのお皿に一品がデーンっっと載って出てくる
ディナースタイル。
食べてみると量は決して少なくないんだけど、
見たときの感想は

果たして足りるのかな
栄養は偏ってないのかな
なんか体に悪そうだな

などネガティブなものばかり。笑

(ごめんなさい、ホストマザー。でも事実毎日がready for mealをプレートに写しただけのものなので、化学調味料など大量に使われていたことだろう。)


打って変わって日本の食事のスタイルは、
ご飯があって、メインがあって、小鉢がいくつかあって…
いわゆる一汁三菜スタイルで24年間育った私にとって
大きなカルチャーショックでした。
特に母はいつも彩りにこだわってバランスの良い食事を
食べさせてくれていましたし、
私が料理作るときも盛り付け方にいたるまで
細々と言われてきました。笑
(多くの手間と時間がかかっていたことは計り知れない…)


こういう経験もあって、食事を始める前に、
まず"美味しそうだ"と純粋に思うことは
満腹中枢を刺激する1つの鍵だと思っています。

知らず知らずのうちに、私もまた視覚からも
食事を楽しんでいたんだなとイギリスに来て
強く感じました。



ここに理想的な朝ごはんの写真を載せます。


ある日の理想朝ごはん
・焼き魚
・鶏ハムサラダ
・高野豆腐
・納豆
・ひじきご飯
f:id:fuka11lf1086:20180121203337j:plain


ある日の理想朝ごはん2
・蓮根のはさみ焼き
・インゲンと人参とツナのおかかマヨ和え
・和風鶏ハムサラダ
・ひじきご飯
f:id:fuka11lf1086:20180121203417j:plain




毎日これくらいの量から朝スタートできると
本当に体調がいい!!
(まだ2回しか理想の朝ごはんできてない笑)
ただ、朝からこんなに品数作ってる余裕はないから
全部作り置き!笑

足が速いものから食べて行くイメージ。

鶏ハムは少しの間調味料につけたまま生で冷蔵保存
3.4日経ったら次はボイルしてタッパーに入れて冷蔵保存。
そう考えると結構持つかな。


あと歯ごたえがあるものを絶対に入れた方がいいので
サラダ、またはインゲンを固めに茹でて作った和物、
蓮根を使った料理、なんかがあると腹持ちがいい気持ち。


ご飯はまとめて炊いて、毎回100gずつ冷凍保存。
以前の私だったら100gなんかじゃ物足りない!!
って感じだったけど、こーやっておかずの数を増やすと
充分満足できることに気がつきました。


そうするためには1日休みを返上して、
一日中料理してる日を作らないといけないけど。
バランスダイエットのためにあれこれ考えるの
私は楽しくて好き笑
特に私の場合は、何か作ることでストレスを発散できる
傾向があるから良いストレス発散方法でもあるのです。
(疲れて何もできなくなることもあり笑)



さて最後に料理するときに心掛けていること。


・薄味
→ダイエットの基本。でもあまり薄くしすぎると
私の場合満腹感感じなくなっちゃうのでほどほど。


・野菜を使う
→鉄分、カリウム、植物性たんぱく質、ビタミンB
が取れるような野菜を率先して使う。
芋類はなるべく使わない。
(甘いものがどうしても食べたい時の干し芋は別。笑)


・汁物
→たくさんの種類のおかずが作れないときは
野菜たっぷりのスープを作る。
豚汁まがいなものでもいいし、お出汁と醤油で作る
白菜と椎茸のスープも絶品!
スープのレパートリー増やしたいなぁ〜。


と、まああまり厳しくしすぎずこんな感じです。
また思い出したら追加していきます。


何はともあれ、今の私の仕事は学業であるので、
1月末から3月中にかけて試験対策が始まる中で
どれほどこの生活が保てるか少し心配でもあります。


まあ、ストレス溜めすぎずにできたらいいです。


少なくともイギリスに戻ってからのこの15日間で、
お菓子断ちは完全にできたように思います!!


ホリデーで再発しないといいけど😂笑

長くなりましたが今日はこの辺で。


では、また。

イギリスでダイエット その1

こんにちは、青い犬です。

突然ではありますが、今日は真面目な話、 ダイエットを開始しようと思います。 果たしてファストフードや砂糖、バターをたっぷり 使ったスイーツなどの誘惑がかなり蔓延している ここ、イギリスで、 ダイエット(食習慣見直し)はできるのか。 試しつつ記録しようと思います。

クリスマス、お正月と恒例の暴食の結果、 かなり太りました。

私はあまり体重には影響しない体質のようですが、 食べているものによって見た目が変わる、変わる。 (特に顔、脚から肉がついていきます。)

20代も半ばにさしかかって来た今、 これまで全く気にならなかったお腹や腕も 少しタプタプして来た気がしていたので、 重い腰を上げ、ダイエット開始を決意しました。 (帰国に向けても兼ねて。笑)

私は、数字よりも、"見た目"に こだわるダイエットをするようにしています。

自分に合ったダイエットを見つけるまでに 色々なダイエットを試して来ました。

中でも1番過酷に自分を痛めつけしまったのは 大学4年生の秋から翌年の春にかけて。

今ほど太っていないにもかかわらず 運動もせずにただ、ひたすら食事制限。 (主にタンパク質を重点的に取る生活) それを3ヶ月続けました。

結局私の体重はひどい時で40kgきっていたっけ。

体の異変は突然やって来ました。 3ヶ月にさしかかったある日、 生理が止まりました。 待てど待てど来ない… 流石にまずいと思い、病院で血液検査をすると コレステロールが正常値の2倍まで跳ね上がるなど 異常な数値に直面。 どちらとも、 タンパク質取りすぎ、要するに食バランスの悪い ダイエットもたらした結果。

来なくなってから6ヶ月後にやっと生理の周期が戻りました。

極度のダイエットは体に相当な負担をかけます。 私はこれをもう少し長く続けていたら 赤ちゃんを産めない体になっていたかもしれません。 産めたとしても、障害や病気を持って生まれてきてしまう 確率があがるなどダイエットが将来及ぼす影響は様々 あるみたいです。

絶対に自分に合った方法を探すべきと思います。 膨大な情報が溢れるこの時代、なかなか取捨選択を するのは難しいですが、ダイエット成功への一番の 近道は自分を知ることです。

無理やストレスは必ず後になって体になんらかの 影響を及ぼします。 なので、ダイエットする人は自分のバイオリズム と向き合うことから始めるのがいいと思うのです。

と、前置きが長くなったけど笑 私が始めたダイエットはこんな感じ。

・毎日の運動(私の場合筋トレ) ・週3-4の有酸素運動 ・朝ごはんをたくさん食べるようにする(和食) ・昼はサラダとかタンパク質メインに取りたいけど、 まあ、割と好きなもの食べてる(でも朝よりは少なめ) ・間食はしないようにしたいけど、甘いものがどうしても欲しくなったら17:00までに干し芋かナッツ系を取る。 ・それ以降極力なにも口にしない。 (水か、よほどだったら紅茶またはホットミルク。) ・お菓子は買わない

まあこれらもまだ試し途中。 生理の周期に合わせてやるダイエットなるものを ネットで見つけて私には合ってるかもしれないので 試してみようと思います。

まあ、私も後2ヶ月半の滞在でやらなきゃならないけど 絶対にストレスかかってくるようなこともあるから、 運動取り入れつつ、たまには甘やかしながら やろうと思います。

とりあえず来週は友達がUKにくるので、 あまり下手に食欲を押さえつけたりせずに楽しもうと思う〜(o^^o)生理中だしね、生理、旅行終わったと同時にまた勉学もダイエットも頑張ろう〜

今度は具体的に食べてるもの、作ってるもの紹介できたらと思います〜

では。

Resolutions of this year


こんにちは、青い犬です。
ブログを始めて少しも経っておりませんが、
2018年もよろしくお願いします。


日本に帰国してから年明けまであっという間でした〜


年末年始を日本でのんびり過ごしています。


新年といえば、
何か目標をたてたくなるのが
わたしのお決まりです。

てことで、わたしの今年のResolution
(割と多いよ〜)


1. 英語を使う仕事に就く、お金を貯める
これはいちばん大事!!笑
OL時代に貯めたお金はほぼ全て費やしました。
自立して生活できるように

・Tokyo Free Guide に登録する
東京オリンピックのボランティアに応募する
・何かを一年続ける
語学、ろくろ、編み物、着付け、習字、絵、日記、ロッククライミング、ランニング、筋トレ、、、
・通訳案内士の勉強
・フランス語勉強再開
・イギリスサイズを日本サイズに戻す(体重ね)
日本帰って一年ぶりくらいに体重測ったら、
なんと+3.5kgの過去最高体重でして。
危機感を覚えました。


4月には帰国、5月中旬にはなんと兄の結婚式!!

5年ぶりに振袖を着て、参列する予定なので、
なんとしてもシュッとしたお顔になっていたい!!
てことで、イギリス戻ったらダイエット開始。

ハンバーガーは余程のことがない限り封印。
フレンチフライの誘惑があちこちにあるけど負けない。
甘いものが食べたくなったら栗か干し芋。笑
(レコーディングも極力します。)



毎日、筋トレとランニング、します!!
(できるかな〜笑)
でもほんとに本気です。

パリで起きた怖いこと

こんにちは、青い犬です。
もう語学学校はChristmas holidayが始まりました。
12月16日から母とフランス旅行!!

Christmasは現地の友達とChristmas Party!!



と、今頃盛り上がっているはずでしたが…
実は今日本におります。



実はパリで想像もしなかったアクシデント
に巻き込まれてしまいました。
皆さんと、こんなことも起こること可能性ある
ことをシェアしたく記録しようと思います。


母は初めてのヨーロッパ旅行でした。
1人で飛行機乗るのも初めて。
でも探り探りながらも1人でパリ
に到着することができました。


私はイギリスから来ていたので、
日本便が到着するロビーとは異なるため
無料で利用できるシャトルに乗り、
母の到着ロビーまで迎えに行きました。
(予め迎えに行くと約束していたので)

だいたい、30分くらいで着きましたが
母は使えるようにして来たはずの携帯が使えず、
私と連絡が取れないため非常にあたふたしてました。
(たしかにいくらラインしても応答なかった…)
初めての海外なのでそうなるのも仕方ない。
無事に合流し、ホテルに行くために
空港付けされていたタクシーに乗り込みました。



その日は夕方に空港に着き、
あたりは暗くなり始めていました。
それに加えて道がかなり混んでいました。
久しぶりの心を許せる人の再会に喜び、
他愛もない話をしながら向かっていたので
特には気になりませんでしたが。



空港を出てから20分ごろが経った頃、
突然、
"ガシャーーーンッッ"
というものすごい音がして、母の方を向くと
窓ガラスが粉々に割れている上に、
何者かがタクシーの窓の外に立っていて、
母に何かをしているようでした。




その時は何が起きたのか全く状況理解ができませんでした。
母に怪我がないかそれを確認するので精一杯。

30秒くらいしてから母が
「リュク取られたっっ!」
と叫んでいました。


タクシードライバーも激怒して車から飛び降りましたが
時すでに遅し、犯人はものすごい速さで逃走。
(スクーターとかではなくまさに足で走って逃げて行きました。)



そのあとは通りがかりの運転手さんが通報して来た
警察に事情聴取されたり、警察に行ってまた同じこと事情聴取(報連相が全くなってない)されたり。

結局ホテルには夜の21時ごろ到着。



母はひどく傷つき、恐れおののいていました。。

携帯、帰りのチケット、カメラのレンズ、現金、
カード、その他母の大切にしていたもの全て
持って行かれました。


ヨーロッパではそういったスリや盗みを働く人が
多いことは母も私も重々承知していましたが、
まさか移動中のタクシーの中でこんな形で
被害に合うなんて予想もしていませんでした。
残念ながらこのような犯行は最近多くなっているようです。


でも、こんなに荒手な犯行は常習犯しか
やらないとのこと。


そんなこんなで私たちは身の危険を感じた上に
楽しむ気にもなれませんでした。
母がお願いしていた旅行代理店に協力してもらい
出来るだけ日本に早く帰れるように手続きをし、
3日後には日本に戻ってきました。
(はい、どこにも出かけられませんでした。)

私はイギリスに一度戻る予定でしたが、
母の精神状態が普通じゃなかったので
安心してもらうためにも一緒に戻ることにしました。


母娘水入らずの初めてのヨーロッパ旅行は
初日にその犯人にぶち壊されました。

本当に悔しいです。


毎日毎日、家の事情で同じ毎日を繰り返し、休みもなく
働いている母。やっとの事で、訪れた長い休暇だったんです。
それに私は留学を通して、
今までであったこともない人、見たこともないもの、
全く知らなかったことにたくさん出会い、
他国の文化を少し知る努力をするだけで、
ものすごく視野が広がるということを知りました。

母にもそれを少しでも感じてもらえる旅にしたかった。


それがトラウマを作ってしまっただけの
旅になってしまった。
母には申し訳ない気持ちでいっぱいです。


母が最後にポツリと、
「私はストレスから逃れられない運命なんだ」
といっていたのが忘れられません。


被害総額もバカになりません。
なんのために行ったのか、なんの意味があったのか、
いくら考えても何も見出すことが出来ずに帰国しました。


大使館で聞いた話ですが、
残念ながらその週はものすごくひったくりの
被害に遭われた方が多くパスポート再発行に
来ている人がとても多かったです。


どこの国を旅行するにしても車に乗る時は、
必ず荷物は足元に置いてください。
膝の上、シートの上においておくのでは
何が起こるかわかりません。

現金は分けて持ち歩くこと。
パスポートやチケットは文字通り体に
身に付けるのが一番安心かなと思いました。
例えば首から下げて洋服にしまうとか。



私は以前、パリに来たことがあります。
綺麗なものがたくさんあることを
知っていますし、フランス人の友達もいます。
みんな親切ですし、
これがフランスの全てではないこと分かっているけど、
これもフランスの一面なんだって
ことを思い知らされました。


でも本当にあそこで犯人が銃やナイフで脅したり
してこなくて本当に良かった。
母も私も精神的な傷はおったものの、
身体的な怪我は一切ありませんでした。
命があってよかった、と思う日々です。



いつか母と水入らずの旅行をリベンジしたいものです。
暖かい国に行きたいと言っていたので、
今度連れて言ってあげられるといいなぁ。


そんな感じで私は今実家でぬくぬくと過ごしています。
愛犬4匹と大好きな家族とぬくぬくできる幸せを
噛み締めています。


やはり日本は平和です。

考えさせられる面もいくつもあるけれど、
やはり一番住みやすい国であることには間違いない
と思ったのでした。




おしまい

美味しいイギリス part.1


こんにちは、青い犬です。



"イギリスには美味しいものがない"

という意見はよく聞きます。
しかし、実際に生活して見て
そうでもない、というのが私の意見です。
たしかに、いただけないものもあります。
しかしそれは他の国を訪れた時も
同じくらいの頻度で起こっているような気がします。


イギリスには伝統料理もいくつかあります。
個人的にはEnglish breakfastが好み。
ホームステイしていた家庭のホストマザーは
ホテルを経営していたため、私は毎朝そのホテルの
English Breakfastを食べていました。
毎日朝ごはんが楽しみで仕方なかったなぁ。

他のものでいうと、一度まともなFish & chipsと
Sundayroastを試して見たいです。


そして、
それ以上に多国籍料理がごちゃまんとあります。
Thai, Chinese,Indian,Turkish and Japanese..
まあよく見かけるのはこのあたり。
Cambridgeのcity centerのMarketは
見逃せないグルメスポットだと思います。

open airのstallもたくさんあります。
ホットドッグ、フライドチキン、クレープ。

※Canbridge crêpe : Mon & Wedが
お休みだった気がしますがたしかな情報は
ご自身でお調べください。

健康にいいか悪いかは置いておいて、
どれも本当に美味しい!
スタッフも多国籍!みんなフレンドリーで
そこいらの店の店員より温かい気がします。



そして、今回重点的に紹介したいのが
イギリスで有名なHamburger shops!! 🇬🇧
日本でも今、輸入が頻発してて熱い食べ物ですよね?
今回は3つを私の好み順でご紹介。



No.3 Honest burgers ★★★☆☆
https://www.honestburgers.co.uk/


チェーン店で、イギリス中どこでも
見つけることができます。
Beef,chicken,fritterからメインを選べて
価格は£8.75-10。
嬉しいのが、この価格にchipsも含まれていること!!
イギリスのhamburger shopsではrosemary salt
のchipsがメニューにあるお店があるんだけど、
これが本当に美味しくて病みつき!!!
日本では全く食べない物だけど、こっち来て
2週間に一度は食べています、中毒ですね。




No.2 GOURMET BURGER KITCHEN ★★★★☆
https://www.gbk.co.uk/


続きましてこちら!!
こちらもチェーン店で皆からは
GBKの愛称で親しまれています。

ここはお肉が肉肉しくて、
あまり無駄な味付けがされていない
私の中ではヘルシーに分類されるhamburger笑
私はClasic cheese burgerを2度と、
The Donを1度試しました。

こちらはサイドメニューを別料金ですが
Skinny fries と Sweet potato friesが個人的に好みです。
いつか、Truffle cheese friesというSkinny fries に
truffleソースがかかった、見るからに脂肪のみが材料
てきなchipsも試したいと思っています。

あ、🇲🇽の友達がいつも巨大なシェイクを
飲んでいましたが、試させてもらったら
それもなかなかおいしい!!
店員さんも一押しのシェイク、是非お試しを。



No.1 Butch Annie's ★★★★★
http://www.butchannies.com/

お待たせいたしました。
Butch Annie's 本当に冗談抜きで食べた誰もが
おいしいと絶賛します!!いや、本当おいしいです。
こちらはなんとまだチェーン展開されておらず
Cambridgeのみで食べられます。
(だれか日本にもってきてくだされ🗼)
バンズにはこれでもかってくらいバターが
塗られていて、キャラメリゼされたオニオンが
hamburgerごとに色々に味付けされていて
素晴らしくおいしい。
そしてこちらのChipsも私が大好きなrosemary salt
私てきに、揚げ方、味付け共にここがベストです。


あぁ、お腹が減ってまいりました…

あと、wrapping paperのデザインも
私のお気に入りです。




食べ◯グになってしまいました。笑


いいですか、これは念のためのリマインドですが、
毎日こんなものを食べていたら確実に
太ります。
毎日食べていなくてもイギリスにきて太りました。
(体重は怖くて測っていないが、感覚的に5kg増)
こーゆうものが食べたい日は少し多めにexerciseするとか
バランスを大切にして生活しましょう!


ストレス発散法が限られている留学生活。
私は食べることか旅行楽しみに生活しています。
ご褒美、という感覚でjunk foodも時には
オプションに入れて見てはいかがですか?


何か他にイギリスの食べ物に関して聞きたいことが
ありましたら是非とも、コメントを残してください。



では。