イギリスゆるデイズ

果たしてイギリスでゆるく過ごせる日が来るのだろうか

イギリスでダイエット その1

こんにちは、青い犬です。

突然ではありますが、今日は真面目な話、 ダイエットを開始しようと思います。 果たしてファストフードや砂糖、バターをたっぷり 使ったスイーツなどの誘惑がかなり蔓延している ここ、イギリスで、 ダイエット(食習慣見直し)はできるのか。 試しつつ記録しようと思います。

クリスマス、お正月と恒例の暴食の結果、 かなり太りました。

私はあまり体重には影響しない体質のようですが、 食べているものによって見た目が変わる、変わる。 (特に顔、脚から肉がついていきます。)

20代も半ばにさしかかって来た今、 これまで全く気にならなかったお腹や腕も 少しタプタプして来た気がしていたので、 重い腰を上げ、ダイエット開始を決意しました。 (帰国に向けても兼ねて。笑)

私は、数字よりも、"見た目"に こだわるダイエットをするようにしています。

自分に合ったダイエットを見つけるまでに 色々なダイエットを試して来ました。

中でも1番過酷に自分を痛めつけしまったのは 大学4年生の秋から翌年の春にかけて。

今ほど太っていないにもかかわらず 運動もせずにただ、ひたすら食事制限。 (主にタンパク質を重点的に取る生活) それを3ヶ月続けました。

結局私の体重はひどい時で40kgきっていたっけ。

体の異変は突然やって来ました。 3ヶ月にさしかかったある日、 生理が止まりました。 待てど待てど来ない… 流石にまずいと思い、病院で血液検査をすると コレステロールが正常値の2倍まで跳ね上がるなど 異常な数値に直面。 どちらとも、 タンパク質取りすぎ、要するに食バランスの悪い ダイエットもたらした結果。

来なくなってから6ヶ月後にやっと生理の周期が戻りました。

極度のダイエットは体に相当な負担をかけます。 私はこれをもう少し長く続けていたら 赤ちゃんを産めない体になっていたかもしれません。 産めたとしても、障害や病気を持って生まれてきてしまう 確率があがるなどダイエットが将来及ぼす影響は様々 あるみたいです。

絶対に自分に合った方法を探すべきと思います。 膨大な情報が溢れるこの時代、なかなか取捨選択を するのは難しいですが、ダイエット成功への一番の 近道は自分を知ることです。

無理やストレスは必ず後になって体になんらかの 影響を及ぼします。 なので、ダイエットする人は自分のバイオリズム と向き合うことから始めるのがいいと思うのです。

と、前置きが長くなったけど笑 私が始めたダイエットはこんな感じ。

・毎日の運動(私の場合筋トレ) ・週3-4の有酸素運動 ・朝ごはんをたくさん食べるようにする(和食) ・昼はサラダとかタンパク質メインに取りたいけど、 まあ、割と好きなもの食べてる(でも朝よりは少なめ) ・間食はしないようにしたいけど、甘いものがどうしても欲しくなったら17:00までに干し芋かナッツ系を取る。 ・それ以降極力なにも口にしない。 (水か、よほどだったら紅茶またはホットミルク。) ・お菓子は買わない

まあこれらもまだ試し途中。 生理の周期に合わせてやるダイエットなるものを ネットで見つけて私には合ってるかもしれないので 試してみようと思います。

まあ、私も後2ヶ月半の滞在でやらなきゃならないけど 絶対にストレスかかってくるようなこともあるから、 運動取り入れつつ、たまには甘やかしながら やろうと思います。

とりあえず来週は友達がUKにくるので、 あまり下手に食欲を押さえつけたりせずに楽しもうと思う〜(o^^o)生理中だしね、生理、旅行終わったと同時にまた勉学もダイエットも頑張ろう〜

今度は具体的に食べてるもの、作ってるもの紹介できたらと思います〜

では。